セーフティー|アルファグランデ日暮里

物件エントリー

SAFETYセーフティー

「家族と住まい」どちらも護る。
免震構造という、譲れない価値を備える。

参考写真(実際とは異なります)

SCROLL

STRUCTURE 免震構造のしくみ

建物と基礎との間に、鉛プラグ入り積層ゴム支承・回転機構付きすべり支承・オイルダンパーなどの免震装置を組み込んだ免震ピットと呼ばれる特殊な空間を設けることで、大地震時の揺れを軽減します。また緻密な構造計算に基づいて、安全性を確保し国土交通大臣の認定を受けています。

免震構造概念図
POINT
  • 01
    参考写真
    鉛プラグ入り積層ゴム支承

    基礎と柱の間に設置する免震装置。銅板とゴムを層状に積み重ねて中央に鉛を埋め込んであります。ゴムの弾性で大地震時の揺れを直接建物に伝わりにくくします。建物を元の位置に戻す復元機能や、建物の揺れ幅を小さくする減衰機能も備えます。

  • 02
    すべり支承概念図
    回転機構付きすべり支承

    表面をフッ素コーティングしたステンレス銅板のすべり板を持ち、回転機構により地震動によって杭が傾斜しても建物の水平を保ちます。

  • 03
    参考写真
    オイルダンパー

    オイルが筒の中を流れるときに発生する抵抗力により地震のエネルギーを吸収することのできる免震装置。高い減衰性能により建物の揺れを抑える効果がある。

災害に強い住宅の普及を目指す
スターツの取り組み。

  • 01
    免震構造の普及に取り組んできた歴史

    出発点は阪神淡路大震災。建築基準法に則って建てられたはずの建物への甚大な被害を目の当たりにし、建物を造ることを根底から見直しました。そこで取り組み始めたのが免震住宅の普及。スターツは免震構造に関する複数の特許を取得するなど、数多くの技術開発を行っています。

  • 02
    免震の効果と挙動を解析

    スターツの施工物件に設置された地震計により免震装置の効果を測定。免制震構造研究所と産学連携し、新たな技術開発に役立てています。また、免震物件の震災時の状況を知るため、免震住宅の入居者様にアンケートを実施するなど、免震建物の挙動と効果を解析しています。

    出典:平成23年3月11日地震(東日本大震災)時のアンケート
  • 03
    防災用井戸の設置

    敷地内に災害時に利用できる防災用井戸の普及に取り組んでいます。

  • 04
    防災備蓄倉庫の設置

    地震や火災等の万が一の災害時に備えて、防災備蓄倉庫を設置。レスキューセット、投光器、防災用ウォータータンクなど様々な防災グッズを保管しています。